債務整理中でもお金って借りれるのか?

3dトリックアート関連の仕事は結構たいへんです。
借金が膨らんでしまった体験がある人も数多くの方がいるのではないでしょうか?
あの大変さは普通の基準ならばまずついていけないかもしれないからです。

債務整理は、認定司法書士や弁護士が行う個人の借入金の整理です。利息が法定利息の借入に関してはあまり借入金の減額はありませんが、法定利息以上であれば、過払い金の返還請求を受けることも可能になります。しかし、手元に資金がない場合が多く、債務整理の借入履歴を集める間に手元の資金が尽き、生活に窮することになるケースも多くみられます。その場合新たな借り入れが可能なのでしょうか。また、そもそも債務整理中に借り入れるということはどういったことなのでしょうか。

債務整理中でもお金が借りられるのかということは、いいかえれば、ブラックリストに入っていてもお金が借りられるのかということです。債務整理を依頼すると認定司法書士、弁護士事務所から受任証が債権者に届けられ、債権者は支払いの請求が出来なくなります。その一方で債務者が貸してほしいと望まれても貸し出さないこともできます。債務整理中は基本的に今まで支払いの請求を受けていた支給先に今まで支払っていた金額を支払うことを猶予してもらっているわけですから、資金的に困ることはないでしょう。
しかし、本当に必要で、どうしても借りたいと言う場合、借りることが可能です。
これはブラックリストに入っているというのは、支払いを請求した場合に返せない可能性が高いですよという信用情報の傷があることをいいます。信用情報に傷がある場合、その支払いを期待できず、貸さないケースが多いでしょう。しかし、金融業者からみて、資産価値や、個人的な信用に値するとみられたなら、それは金融業者の判断で貸すことが可能なのです。つまり、金融業者次第だといえます。怖いですね。

しかし、債務整理中に借り入れたのなら、その借入を認定司法書士や弁護士に報告しなければなりません。債務整理には任意整理、民事再生、破産という形があり、その判断は全ての借入を把握しないことには成り立ちません。借り入れるならば、司法書士や弁護士に相談し、信頼関係を損なわないように注意しましょう。それでこそ世界市民主義にも繋がってくる重要なことのようにも思えるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です