債務整理中でも作れるクレジットカードについて

債務整理中だとクレジットカードが作れないと思っている方がいますが債務整理中でも作成は可能です。
ただ債務整理先のクレジットカード会社や消費者金融を利用する事は不可能になっていますので、その点は注意が必要です。

債務整理を行うと信用情報機関に任意整理なら5年、自己破産なら10年記録が残りますが、債務整理先の会社からは記録が消される事はありません。

そのため債務整理中でもクレジットカードを作成するなら別の会社に申し込む必要があり、信用情報機関の記録がなくなった時に利用してみると良いでしょう。

しかし、債務整理中にクレジットカードを作成するとなると信用情報機関に記録が残っている中でのクレジットカード作成となります。

そういった場合はクレジットカード会社次第によって作成は可能か不可能になります。
最終的にクレジットカードを発行するのは会社の判断になりまして、いくら信用情報機関に記録の問い合わせをして債務整理中でも審査の結果大丈夫だと判断すれば発行して貰えます。
実際に債務整理中にクレジットカードを発行できた人は属性がかなり良かった場合が多いです。

またはデビットカードやプリペイドカードといったような擬似的なカードを用いる方も多いです。

そして、債務整理中にクレジットカードを作成するメリットとデメリットですが、クレジットカードがある事によってお得に買い物ができたり、自分の生活に合わせたお金の使い方ができたりするので便利です。
逆にデメリットになりますが、債務整理をしている中での利用になるので普段の時よりも厳しい扱いとなっていますから金利や限度額の設定も厳しくなります。
クレジットカード会社も債務整理をしている事が分かっており、再びトラブルが起きないようにするため条件を厳しくしますから使い辛い面があります。

このように債務整理中でも場合によってはクレジットカードを発行する事は可能となっていますが、普段よりも厳しい条件の中での利用になる事を覚えておきましょう。