破産宣告

任意整理って具体的にどんなことするの?

お金を借りた人には、借金を返す義務が生じます。お金を貸した人には、請求する権利を生じます。前者の義務を債務と呼び、後者の権利を債権と呼びます。私たちは、生活費や若しくは事業資金などを賄うために、金融機関などから借り入れを行うことがあります。しかし、近年の不況の中で、収入が予定していたものよりも下がってしまったり、仕事を失ってしまうことも少なくありません。そうなると予定していた返済ができなくなることは珍しくありません。任意整理はそのような時に検討する手続きとして有効的です。任意整理が選択できるケースとしては、一定額の収入があり、その収入に合わせて債務額が相当程度少ない場合、任意整理を選択することができます。手続きの流れとしては、まず弁護士・専門家に依頼します。そして、弁護士から借入先に受任通知を発送します。この通知が金融機関に到着すると、交渉の窓口は弁護士となりますので、債権者からの連絡に対応することから逃れられることができます。さらに、毎月の支払いも一時的に止めることができます。次に、金融機関から取引履歴が開示され、それを元に債務額を計算していきます。この場合、非常に大きいかもしれませんが小さいかもしれない過払い金が発生していることもありますので、そうしたことを丁寧に確認していくことになります。この計算が終わると、毎月の支払い可能額を確認したうえで、借入先と支払い方法について交渉を始めていきます。分割支払いの場合は、通常、3年以内での分割支払いの交渉が基本です。場合によっては5年以内での交渉などもあり得ます。こうした交渉の末、返済方法について借入先と合意を行い、和解書を取り交わしてから、本人による返済がスタートする流れとなります。毎月の返済額の設定は、ほぼ間違いなく準備することのできる金額を設定する必要がありますが、弁護士に依頼して任意整理を行うことで、無理な金額を設定することを防ぎ、再度行き詰ってしまう可能性も防ぐことができるというメリットがあります。交渉開始から終了までの期間は案件ごとに違ってきますが、生活の改善を図りたいと考えている方は任意整理を活用することを検討してみて下さい。そうすればすべてが解決する手段や方法を知るのです。